7/7 七夕に思う

今年も七夕さま、九州地方は豪雨の被害でそれどころではないとは思いますが、短冊に願い事を書いた子供たちも多いのでは。

 

天の川を肉眼ではじめて観たのは高校生の天体観測で信州へ行った時です。本当に降るほど星があって、実は天の川以外の星が見えすぎて天の川がわかりにくいという現象が起こるほど。たくさんの星がみえました。

 

そうそう天文学部だったんです。屈折望遠鏡や反射望遠鏡を使って月を観察したり、主に星雲を見るのにはまっていました。星雲はこまかな星たちの集まりでメシエ天体でM○○と呼ばれています。

 

郊外の夜空でも肉眼でみえるものはほとんどありません。オリオン座の大星雲やアンドロメダの大銀河などはうっすらと見える程度です。

 

肉眼でもしっかりみえるのは歌にもなってる「スバル」これは星団なのですが、双眼鏡でもよく見えます。ウルトラマンがM78星雲からやってきたらしいですが、「ひかりの国から僕らのために♪」っていうのはよくできた歌詞です。実際のM78星雲はオリオン座にあります。日本では夏は夜空にはみえないですね。

 

七夕といえば天の川を挟んでこと座のベガが織姫さまそしてわし座のアンタレスがひこ星さま、白鳥座のデネブとあわせて結ぶと夏の第三角形ができます。夏の天体観測はこれを目安にしてました。おりひめ星、ひこ星をみつけよう

 

こと座にはM57という環状星雲があるのですが、名前の通り、環状=輪になっているのです。これを望遠鏡で見たときはちょっと感動。こんな形のものが何億光年も離れた場所で母となる星が爆発して自然現象でできたんだと想像すると宇宙の大きさと地球の小ささを感じました。

 

その小さな地球にいる小さな私たち人間はさらに小さい。宇宙規模で考えたら人間もアリもあんま変わらんよなって思ってしまいました。だからと言って私たちの悩みもアリの悩みも一緒にはできないですが。

 

高野山の空もきれいだった。屋上でもいいから久しぶりに天体観測したいな。

 

最近は天体観測ツアーや町おこしで夜空の星をみるツアーなんかもあるそうです。お好きな方はそういうのに参加して、気分転換もよいのではないでしょうか?

7/6 awareness 風が通る。

☆1Fは思った以上に風が通る
froghandはマンションの1階にあります。1階で仕事をするのは初めてですが、思った以上に夏は涼しいことに気づきました。
これ大きなメリットです。窓が東と西にあり、開放すれば風が抜けます。
(写真はユーカリです。)
おそらく、上下階で使うエアコンの熱風もあまり影響がなく、古い建物で床が
地面から少し離れていることもあってか、お客様がいらっしゃらない限り冷房は必要ありません。
お客様も普段からエアコンを使わない方、冷え性の方も多いので、来客中も使わない時の方が多いかもしれません。
しかし…デメリットも…それは時々虫がやってくることです。
蚊が紛れ込んできたり、たまーに小さな土ぐもがいたり。
まあ、それはそれ、大量にやってくるわけではないので、OKとしましょう。
この季節、特に梅雨明けまでは虫が活動しやすいので、虫さされには気をつけたいです。最近「ヒアリ」とか、ちょっと怖いですし。
アロマで虫除けといえばシトロネラですね。ただ、このシトロネラあくまで虫除けです。
それもほぼ蚊に限定されています。
虫を殺してしまうわけではないですし、これさえあれば絶対に虫に刺されないというわけではありませんので、
手作り虫除けスプレーを作られる方はご理解ください。
来週の実習は虫除けスプレーを作ります。
良い香りにしたいので、普段のレシピに一ひねりしてつくってみるかなあ。

 

7/5 awareness The rose

日本では、「愛は花、君はその種子…」で夏川りみさんや都はるみさんがカバーしてるし。

私もとても好きな曲です。30歳代にある自己啓発セミナーに参加した時にしょっちゅう聴いていました。

何年か前、山ピー主演のドラマ「アルジャーノンに花束を」のテーマソングになってましたね。昨年だったかなあ。その時も懐かしくてもちろんドラマもみていました。障がいや人工知能という今まさに注目されるテーマが出てきます。

この映画はDVDで観ましたが、観た後にやりきれなさを感じるような、ドラマよりもっとヘビーな印象でした。

で、この曲が何よ?ってところですが、あるお客様がこの曲を練習しているというのです。最初タイトルがでてこなくてスマホで調べてyoutubeでチェックしました。とても上品なそのお客様は曲に感情を込めて歌うことが難しいといわれていました。

「音符どおりに歌うことは得意だけど、感情表現が苦手なんです。だから一番苦手なことをやろうと思って歌を練習しているの」一番苦手なことをやろうと思ってというのがこの方のまじめな性格を表してるように思えて、私は共感できます。

感情/emotion,情熱/passion こういったものを表現するために私たちはいろんな媒体をつかいます。

絵を描くことであったり、ダンスを踊ったり、楽器を演奏したり、運動や勉強技だったり。自己表現ともいえるでしょうか。私は何で表現できるかなあ。でも表現したいという気持ちは誰しもがどこかにもっているのだと思います。彼女は表現の仕方をまだまだ模索しているように見えました。

皆さんは何で自分を表現できますか?

.

7/4 awareness 妊婦さんのトリートメント

☆生命の愛おしさ

このところ遠のいていた妊婦さんのトリートメント。久しぶりに予定日1ヶ月前と言う女性のトリートメントを行っています。

実は私の場合、どんなクライアントさんより緊張するのが妊婦さん。自分に出産経験がないのもその理由かもしれませんが、なんと言っても2つの命が目の前に横たわっているのです。

初めて妊婦さんのトリートメントをさせていただいた時、予約が入ってから色々勉強し直したり、クッションなんかを準備したりと、ちょっとテンパリながらお迎えしたのがなつかしいです。

IFAではプロのセラピストの資格取得後1年セラピストとしての活動をして、更に妊婦さん向けのトリートメントの特別授業を受けてから施術するということになっています。

私はすでに両方をクリアしていましたので、問題ないのですし、すでにボランティアで友人の妊婦さんへの施術はしていましたが、やはり仕事とは違うのです。側臥位での背中や脚の施術が終わり、後半に腹部のトリートメントにかかりました。

お母さんの方はリラックスしてうとうしかけているのですが、赤ちゃんはお母さんのお腹でむにゅむにゅと足だか手だかでお腹の中から外を押し始めます。それをセラピストは施術しながらむにゅむにゅにタッチ!お母さんのお腹を通して赤ちゃんに触れます。

感動の瞬間です。初めて施術した時は正直ちょっと泣いちゃいました。イノチって愛おしい。

でも赤ちゃんが動くとお母さんはもぞもぞなんですね。トリートメントは仙骨部や腰部や足裏のリフレクとポイントなど注意して繊細な手技で行ないます。それから頭の中で常に精油の成分を含んだ血液は赤ちゃんにも届くことをイメージしながらブレンドや施術を行ないます。

側臥位でおこなうので、どうしても限界がでるのですが、数年前、助産師さんでアロマをしている方のセミナーをACAで企画した時にマタニティー用のクッションを購入しました。

今回もそれを使えば、おかあさんは腹臥位で施術を受けられます。特に今回のクライアントはしっかり体重もコントロールされてお腹の大きさもちょうどよいので、無理なく腹臥位が維持できます。

写真ちょっとわかりにくいですが、クッションに茶色のタオルをかぶせています。手前のペーパーのホールにはカオ、真ん中の2つに胸、奥のくぼみにお腹、二段になってて、お腹の大きさに合わせて調節します。この上に横たわるのです。

すでにマタニティトリートメントされててまだ使われていない方はお勧めです。たしか7000円くらいだったかな?

「あーうつ伏せで寝れるのはここだけですー」と元気な妊婦さんはうれしそうにベッドに横たわります。3回目のトリートメントなので、お母さんも赤ちゃんもすっかり慣れて、うとうと・むにゅむにゅ・もぞもぞでした。予定日まであと二回トリートメントのご予約があるので、しっかりケアさせていただきます。妊娠線も予防したいですしね。

機会があればまた、レポートいたします。

7/3 awareness 動線の大切さ

久しぶりにがっつりトリートメントルームに取組んでみて、動線の大切さを感じております。
IFAコースのカリキュラムにこの時間入れることにします。
タオルマネージメントとか、環境とか授業には入れてましたが、動線についてはできて当たり前でスルーしてきました。

これこそ、やってみないとわからないことです。
名だたるファストフード店が、人材トレーニングのために店舗型のシュミレーションスペースを持ってるのがよくわかります。

ただ、それだと面白くないないなあ。同じレベルの人材の大量生産はできるでしょうし、ふるいにかけることもできるかもしれないですが、多様なサービスが求められる中、目的を捕らえて、考えたり、工夫したりする力を養わないと。
使い捨てられて終わってしまう気がします。
でも、まずは大手で修行してと言う意見もありですが、私はちがうなあ。

もちろん大手で一回修行してそのノウハウもらってから独立して応用することもできるけど、大手は大手だからできることがあるし、時間もったいないと思うかも。

今度のサロンはお客様だけの時間を作りたかったので、以前と少し動線を変えています。もうしばらく変更が続きそうです。
ま、とにかく、今の環境でのお客様へのベストを日々模索中です。

お客様からいただいたお野菜などなど、こんなのいただくと゚ガンバローって思ってしまう。単純すぎや。

7/2 awareness お地蔵様と閻魔様が同一人物だった。まじか?

☆ 今日のAwareness

久しぶりに楽生の会に参加してきました。長岡京のマザーリーフさんが主催するこのイベントでは、毎回、光明寺の僧侶、淀川氏の講話が拝聴できるのです。

参加者の推定平均年齢70代中盤の30名ほどの女性は淀川氏のファン倶楽部と言ってもよいかもしれません。マザーリーフさんでは関連施設の授産施設がつくるお菓子とハーブティーを出されるのですが、ブルーバーダーのハーブティーを使っていただいているので、私も時々うかがいます。

今日のお題は「あの世のこと、この世のこと」でした。遠いようで近い話。お話しの中では13神のお話しやこの世にお別れした方があの世で私たちを見守っているお話し。

地獄は自分でつくっている!だれのせいでもない、自らの行動が地獄を生み出す。と言うようなお話しを楽しく、わかりやすい言葉に置き換えてお話ししてくれるのです。聞いている人はほとんどの方が自分ごととしてきいていたと思います。

その中でなんとお地蔵様と閻魔様は役割を変えるだけで同一人物という説もあるそうです。中国と日本では違う説があるそうですが。興味のあるかたはもう少し調べてみてください。

私なりに今日学んだこと。なくなった人がこの世の人に望むこと。いろんなことに感謝してね。仲良くしてね。長生きしてね。

地獄を自分で作らないためには、気づくこと気づかうこと、怒らない、妬まない、欲はほどほどに。

まだまだあかんなあ。と、私も皆さんといっしょに自分ごととしてお話しをうかがっていました。

7/1 awareness

☆ 今年も半分終わったこと。
☆ トリートメントスタートするのを待ってくれてた方、結構いらっしゃった。
半年がかけぬけましたが、やり終わってないことたくさんあるので、力抜けません。でもいつもお客様や生徒さんのサポートあっての活動だとしみじみ感じています。
ご予約ありがとうございました。


これから始まるクライアントさんとのお付き合いはおそらく一生のお付き合いになるのだろうなと思います。
感謝・感謝
本日メルマガを出していただきましたが、いつも事務局でサポートしてくれているMちゃんにも感謝だ。

6/29 和の精油のアンケートの結果

4月に韓国でのアロマセラピーの協会での発表のためにフェイスブックでセラピストさんからアンケートのご協力をいただきました。本当にありがとうございました。恐らく、資格だけでなく、実際にに動いているセラピストさんが多かったと思いますので、貴重なデータとなりました。

その結果をシェアさせていただきます。 “6/29 和の精油のアンケートの結果” の続きを読む

6/23 素敵な色のバラがあったので。

今日のウェルカムフラワーはシックな色のバラとなりました。
できるだけ生のお花を置くようにしています。
クライアントの、小さなawarenessのためにです。

お花が持つであろう期間に足を運んでくれるお客様の顔を思い浮かべて選んでいます。

久しぶりにホスピスに行った折、ある患者さまの話をきくうちに、この何年間か、私の中の何かが麻痺していたことにきづきました。
そのクライアントと出会いがなければ気づかなかったことです。

これまで意外とできてなかった仕事のお客様としてクライアント迎えること。
何年かかってんねん。って感じですね。

本日ご来店のお客様ありがとうございました。また、お越しくださいね。

アロマセラピー・ヒーリングアウェアネス

  • 究極の「アロマセラピー・ヒーリングアウェアネス」とは

アロマセラピー・ヒーリングアウェアネスは浅層部から深層部へ働きかけるソフトだけれどディープなタッチングで、深いところから身体を緩めるオリジナルトリートメントです。疲れの開放とエネルギーの再生を促進し、身体とこころに気づきをもたらします。

メインはアロマセラピートリートメント
一切の無駄を除いた伝統的なアロマセラピートリートメントの手技がメインです。マルグリット・モーリーの弟子、今は無きミシェリン・アーシャー直伝の技術を受け継いだセラピストが約20年間あらゆるクライアントに使い続けているテクニックです。

伝統のアロマセラピートリートメントは本来、スウェーディッシュトリートメント・リンパドレナージュ・指圧・神経筋テクニック・リフレクソロジーなどが融合されたテクニックです。

アロマセラピー・ヒーリングアウェアネスはアロマセラピートリートメントより深く、更に表皮から丁寧に軟組織に働きかけるボディーワークです。

ごくごく柔らかなタッチで浅層部へアプローチするリンパドレナージュのテクニックと、深層部へのディープティッシューテクニックをアレンジすることで、アロマセラピートリートメントより、さらに幅広く深層部への働きかけを可能にします。

*ストーンの使用について
症状によってストーンセラピーを使用することがあります。温と冷の石の温度差を利用してより早く・深くアプローチしますが、クライアント様の状態や季節によって施術後、疲労感を伴うこともございます。セラピストの判断での使用となりますので、ご理解ください。

  • ディープリラクゼーションを通して自己治癒力に気づく力を蘇らせる

ソフトだけれどディープなタッチングで、深いところから身体を緩め、疲れを一旦掘り出し、続けてリセットとエネルギーの再生を促進します。まずは身体とこころがより良い方向に向かおうとする力に気づくために必要なディープリラクゼーションをもたらします。

    • 全体の流れ

事前問診
ご予約いただいた方にはメールで事前問診のリストをお送りしています。