9/15 素敵な当日キャンセル

モーニングコールは午前中ご予約のお客様から、寝起きながらご年齢から考えて、いろんなことが頭をよぎりました。ご本人の元気な声でほっと安心。申し訳なさそうな口調でキャンセルの連絡でした。

その理由が昨日から子猫がやってきたというもの。少し前に愛猫を亡くされて、ご縁があって身寄りのない子猫を引き取ることになり、昨日対面してみると、思ってたより小さくて3時間に一度はミルクをやらねばならないと。

そりゅあたいへん!子猫のお母さんになってしまったわけです。そういうわけで今日はキャンセルさせてほしいと。

あまりの真剣なお客様の声に電話口で笑顔になってしまいました。そのまま次回のご予約をいただきましたが、たぶんお疲れだと思うので、しっかり施術させていただきます。

一人のお客様と長くかかわるほど、ライフイベントに関わる機会も増えます。私のスタンスとして、積極的に関わることはありませんが、細かく細かく内容をお話してくださるので、いっしょに笑ったり、悩んだり、その人の人生の一部を疑似体験させていただくような感じさえします。セラピストとしてできることをしていこう!

 

とういわけで、時間ができたので、ブログも更新できましたし、当日キャンセルもたまにはよいです。

7/28 今日も無事終了


aromatherapy healing awarenessを受けにきてくれた
お客様と向き合うための心構え

1.先入観を持たない。
世代や職業によって大きな傾向はあっても単純にカテゴライズしないこと。
たとえば、更年期のような症状も人によって現れ方が違うし、確認作業を怠らない。

2.全ての人が明確な目的を持ってこられているわけではない。
特に解消したいストレスや不定愁訴がなくてもaromatherapy healing awarenessが
受けたいと思ってこられる方もいる。ここにこられたことがまずはawarenessの第一歩。
真摯に施術に取組む。

3.ちょっとしたしぐさにヒントがある。
たとえば、歩く姿勢や、瞬きの仕方、体に触れなくてもキャッチできる情報はたくさんある。
体に触れることはそれを確認する作業でもある。

4.香りの説明はわかりやすく。
なぜその精油を使ったのか?「香りの相性がいいから」とか、
「イメージがわいた」とか、でごまかさない。何か理由があるはず。

5.施術に謙虚に取組む。
ボディーワークの選択肢はたくさんある、
自信を持ってできることを提供する。それ以上でもなくそれ以下でもない。

7/17 精油ですっきり拭き掃除

暑い日が続いてますね。

なにもしたくなくなりますが、こんな時こそ…掃除でもしてみようと。

京都のじめじめした暑さで、気になるのが虫。

それに掃除しないでほこりがたまったらダニなんかも出やすくなります。

そんな時は床全面を拭き掃除します。

掃除機をさっとかけたら、バケツ半分位のお水に精油をいれます。

レモンユーカリにペパーミント、カンファーあたりを適当に。14、5滴。

雑巾をしっかりしぼって、拭き掃除するとほんとうにすっきりします。

できるだけ床全面を拭いて下さい。

拭き掃除で体をうごかして、シャワーを浴びてすっきりしたら

その日も1日気持ちよくすごせるのです。

7/13 備忘録 嗅覚の順応と疲労

改めてテキストを作り直していて、調べ物をしていると、結局信頼できるのは古い資料で、
古典とまではいきませんが、1960年代とかでてきますね。
海外の書籍であってもネタ本みたいなのがあるので。
古い資料は、読みにくいかと思うと、シンプルで専門家でなくても読みやすいものが多いのです。
それにオープンソースになっているので、全文無料で読めたりして。

こういう先人たちの努力の積み重ねで今のアロマセラピーがあるんだなと思います。その中のひとつ、嗅覚疲労についての資料です。
これもかなり古いものですが、私たちが学校で学んだようなことが実験されています。グラフも手書きで計算1つも大変だったろうなと思います。

エクセルや専用アプリもない時代ですから。
そういった意味ではIT業界の科学への貢献は半端ないですね。
マイクロソフトとアップルってやっぱりすごい!!
と言う結論になりました。(笑)

なんだかコーヒーの香りが嗅ぎたくなってきました。

小松 晃(S35) 嗅覚疲労に関する研究 日本耳鼻咽喉科学会会報 Vol. 63 (1960) No. 5 P 1189-1202

7/11 「めりはり」のある大人のクラフトセミナー

虫よけスプレーセミナーは無事終了いたしました。
皆さん楽しんでくれました。そしてハーブティーもおいしくいただき、
何より、めりはりのついたセミナーができたと思います。

参加者のお一人が最近庭のハーブやお花を気って持ってきてくれます。

お庭にユリやエキナセアがあるそうで、いつも幸せな気持ちにさせていただいてます。

何かを作るセミナー、私はクラフトセミナーと呼んでますが、みんなそう呼んでるかなあ。楽しいことはすごく大切だと思うのです。作り方を楽しく知るのは大切。ですが以前はそうは思えませんでした。

実はクラフトセミナーは嫌いでした。昔は色々な勉強会に参加して自分が学ぶ立場も経験しましたが、本を読めば自分でできるし、講師の話は浅くて面白くないし、私には緩すぎる、参加者さんたち、これでいいのかなあ。と、思っていました。

私はクリーム作るのも好きですし、化粧品も自分で作ったりしています。作ることがきらいなわけじゃなく、学んだ感のないのがあかん!のです。なので、自分がクラフトセミナーをする時は大人のクラフトセミナーにしたいと思ってました。別にすごいことをするわけではなく、おしゃべりやお茶も楽しめる。でも、「学ぶところは学んだ」と参加者が感じられるようなセミナーです。そして材料には妥協しません。

IFAコースのように長いコースをしていると生徒さんは自分の鏡だなと思うことがあります。どんな生徒さんが集まってくるかは講師次第。この18か月、月一度続けている大人のクラフトセミナーの受講者さんは私が集めたわけではないですが随分と変わりました。

精油を使うことに対して、なんていうか、慎重になりましたし、お話を聞いてくれている時の表情が変わりました。高齢の方が多いのですが、一回一回のセミナー資料を大切に作りこむことで、信頼関係ができてきました。大切にというのは詳しくではなく、わかりやすくと言う意味です。

最初に書いたように私の授業では「めりはり」を大切にしています。そういうのがやっとできたかなと思います。来期あたりから、新しいカリキュラムにして参加者を募集しようと思っています。

 

 

7/10 虫除けスプレーその後

ちょっと地味な蚊です。大阪弁では「かぁー」。関東では「かっ」って発音。よくわかりませんが。

虫除けの精油について調べてみると、色々な文献がでてきました。
手持ちの文献はかなり昔のものでごきぶりには何の精油が効果的か!
なんといっても文献が昭和56年のものなので、新しいのを探さねばなりませんが、
読み返してみるとなかなか面白いです。

何より1平方メートルあたりに1000匹の茶羽ゴキブリって想像しただけで、
きつい!と実験結果とは全く関係ないところに思考が行ってしまってます。
にしてもきつい。おまけにゴキブリが自分たちの排泄物で汚染された濾紙に集まると…このへんでやめておきます。

で、精油の中で忌避作用がしっかり出たのはJapanese mintとSpearmint でした。
ですが、原液を使用した場合は持続力がなく、瞬間的な忌避作用とのことです。
ただ、昇華製剤なんかを使用して揮発を抑制しながら使用すると長期使用で効果が
あったということです。結構少量で効果ありみたいですよ。

それにゴキブリが明らかに嗅覚刺激でそれらの精油に忌避作用をしめす動作をした
ということです。触覚を動かして云々って書いてましたが、やっぱり想像するのは
怖いのでこれ以上書くのはやめておきます。

普通は昇華製剤とかないし、何か使えるものあるかなあ。保留剤的なもの…
となるとハッカの結晶とか絶対ゴキブリよってこないよね。

この文献は結構有名ですが、新しいのをもう少しさがしてみようと思っています。
蚊除けの話は今度にします。シトロネラなんですかねえ。やっぱり。

無料の参考文献はたすかりますね。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpestics1975/7/2/7_2_133/_pdf

7/8 虫除けスプレー

来週の実習のために虫除けスプレーをたくさんつくりました。

untimosquito 蚊への忌避作用を持つ精油を入れたものと虫全般の忌避作用を期待したブレンド2種類です。

久しぶりに色々と文献を調べているとあっというまに午前中が終了!

大慌てで午後からスプレー作成とレジメの準備。

蚊除けのほうはシトロネラはもちろんですが、ゼラニウムとレモンユーカリをたっぷりと使用し、虫除けの方は蚊除けブレンドぷらす6種類の精油を使用しました。

主に効果をチェックしたのはダニ・ゴキブリ・アリです。

とにかく、効果が期待できるという文献でチェックした精油は全部入れるというのが私のスタイルです。

この夏しっかり自分も使ってみたいと思います。

7/7 七夕に思う

今年も七夕さま、九州地方は豪雨の被害でそれどころではないとは思いますが、短冊に願い事を書いた子供たちも多いのでは。

 

天の川を肉眼ではじめて観たのは高校生の天体観測で信州へ行った時です。本当に降るほど星があって、実は天の川以外の星が見えすぎて天の川がわかりにくいという現象が起こるほど。たくさんの星がみえました。

 

そうそう天文学部だったんです。屈折望遠鏡や反射望遠鏡を使って月を観察したり、主に星雲を見るのにはまっていました。星雲はこまかな星たちの集まりでメシエ天体でM○○と呼ばれています。

 

郊外の夜空でも肉眼でみえるものはほとんどありません。オリオン座の大星雲やアンドロメダの大銀河などはうっすらと見える程度です。

 

肉眼でもしっかりみえるのは歌にもなってる「スバル」これは星団なのですが、双眼鏡でもよく見えます。ウルトラマンがM78星雲からやってきたらしいですが、「ひかりの国から僕らのために♪」っていうのはよくできた歌詞です。実際のM78星雲はオリオン座にあります。日本では夏は夜空にはみえないですね。

 

七夕といえば天の川を挟んでこと座のベガが織姫さまそしてわし座のアンタレスがひこ星さま、白鳥座のデネブとあわせて結ぶと夏の第三角形ができます。夏の天体観測はこれを目安にしてました。おりひめ星、ひこ星をみつけよう

 

こと座にはM57という環状星雲があるのですが、名前の通り、環状=輪になっているのです。これを望遠鏡で見たときはちょっと感動。こんな形のものが何億光年も離れた場所で母となる星が爆発して自然現象でできたんだと想像すると宇宙の大きさと地球の小ささを感じました。

 

その小さな地球にいる小さな私たち人間はさらに小さい。宇宙規模で考えたら人間もアリもあんま変わらんよなって思ってしまいました。だからと言って私たちの悩みもアリの悩みも一緒にはできないですが。

 

高野山の空もきれいだった。屋上でもいいから久しぶりに天体観測したいな。

 

最近は天体観測ツアーや町おこしで夜空の星をみるツアーなんかもあるそうです。お好きな方はそういうのに参加して、気分転換もよいのではないでしょうか?

7/6 awareness 風が通る。

☆1Fは思った以上に風が通る
froghandはマンションの1階にあります。1階で仕事をするのは初めてですが、思った以上に夏は涼しいことに気づきました。
これ大きなメリットです。窓が東と西にあり、開放すれば風が抜けます。
(写真はユーカリです。)
おそらく、上下階で使うエアコンの熱風もあまり影響がなく、古い建物で床が
地面から少し離れていることもあってか、お客様がいらっしゃらない限り冷房は必要ありません。
お客様も普段からエアコンを使わない方、冷え性の方も多いので、来客中も使わない時の方が多いかもしれません。
しかし…デメリットも…それは時々虫がやってくることです。
蚊が紛れ込んできたり、たまーに小さな土ぐもがいたり。
まあ、それはそれ、大量にやってくるわけではないので、OKとしましょう。
この季節、特に梅雨明けまでは虫が活動しやすいので、虫さされには気をつけたいです。最近「ヒアリ」とか、ちょっと怖いですし。
アロマで虫除けといえばシトロネラですね。ただ、このシトロネラあくまで虫除けです。
それもほぼ蚊に限定されています。
虫を殺してしまうわけではないですし、これさえあれば絶対に虫に刺されないというわけではありませんので、
手作り虫除けスプレーを作られる方はご理解ください。
来週の実習は虫除けスプレーを作ります。
良い香りにしたいので、普段のレシピに一ひねりしてつくってみるかなあ。

 

7/5 awareness The rose

日本では、「愛は花、君はその種子…」で夏川りみさんや都はるみさんがカバーしてるし。

私もとても好きな曲です。30歳代にある自己啓発セミナーに参加した時にしょっちゅう聴いていました。

何年か前、山ピー主演のドラマ「アルジャーノンに花束を」のテーマソングになってましたね。昨年だったかなあ。その時も懐かしくてもちろんドラマもみていました。障がいや人工知能という今まさに注目されるテーマが出てきます。

この映画はDVDで観ましたが、観た後にやりきれなさを感じるような、ドラマよりもっとヘビーな印象でした。

で、この曲が何よ?ってところですが、あるお客様がこの曲を練習しているというのです。最初タイトルがでてこなくてスマホで調べてyoutubeでチェックしました。とても上品なそのお客様は曲に感情を込めて歌うことが難しいといわれていました。

「音符どおりに歌うことは得意だけど、感情表現が苦手なんです。だから一番苦手なことをやろうと思って歌を練習しているの」一番苦手なことをやろうと思ってというのがこの方のまじめな性格を表してるように思えて、私は共感できます。

感情/emotion,情熱/passion こういったものを表現するために私たちはいろんな媒体をつかいます。

絵を描くことであったり、ダンスを踊ったり、楽器を演奏したり、運動や勉強技だったり。自己表現ともいえるでしょうか。私は何で表現できるかなあ。でも表現したいという気持ちは誰しもがどこかにもっているのだと思います。彼女は表現の仕方をまだまだ模索しているように見えました。

皆さんは何で自分を表現できますか?

.