7/3 awareness 動線の大切さ

久しぶりにがっつりトリートメントルームに取組んでみて、動線の大切さを感じております。
IFAコースのカリキュラムにこの時間入れることにします。
タオルマネージメントとか、環境とか授業には入れてましたが、動線についてはできて当たり前でスルーしてきました。

これこそ、やってみないとわからないことです。
名だたるファストフード店が、人材トレーニングのために店舗型のシュミレーションスペースを持ってるのがよくわかります。

ただ、それだと面白くないないなあ。同じレベルの人材の大量生産はできるでしょうし、ふるいにかけることもできるかもしれないですが、多様なサービスが求められる中、目的を捕らえて、考えたり、工夫したりする力を養わないと。
使い捨てられて終わってしまう気がします。
でも、まずは大手で修行してと言う意見もありですが、私はちがうなあ。

もちろん大手で一回修行してそのノウハウもらってから独立して応用することもできるけど、大手は大手だからできることがあるし、時間もったいないと思うかも。

今度のサロンはお客様だけの時間を作りたかったので、以前と少し動線を変えています。もうしばらく変更が続きそうです。
ま、とにかく、今の環境でのお客様へのベストを日々模索中です。

お客様からいただいたお野菜などなど、こんなのいただくと゚ガンバローって思ってしまう。単純すぎや。

コメントを残す